トップ > ブログ > 薬膳の続き…

薬膳の続き…

2016/10/07

カテゴリーブログ

ブログ画像

柏駅 徒歩1分 東洋と西洋からの本格エステは『サロンリーナ』

こんにちは ハンドトリートメント、筋膜剥がしが得意な高山です。
さて今日は前回の『薬膳』の続きをお話します。

『ムクミがひどい時の薬膳』
薬膳とは季節や体質、症状、体調にあわせて食材や調理方法を組み立てる食事のことです。
前回は食材の性質である陰・陽・平という『四気』についてでしたね。
今日は『帰経』の話。
帰経は生薬や食材がどの五臓に作用するかを示すので『五臓』ともいいます。

『肝・心・碑・肺・腎』という言葉が薬膳にはよく出てきます。
これは、その漢字の臓器の働きに対する言葉です。
例えば、施術していて皆さんのカラダで特に気になる『腎』
腎は生命エネルギーの源というほど大事です。
老廃物、水の代謝をコントロールする腎臓。
腎機能が疲れると水の代謝、排出がうまくいかないのでムクミの原因はもちろん、
カラダの冷え症、ホルモン、老化、抜け毛や白髪も関係します。

なんだか最近ムクミやすいなぁと思ったら
カラダが冷えているかもしれません。
お腹を温めたり、リラックスした呼吸、水分代謝を上げるなどの対策をするといいですよ。

ここで『ムクミに良い薬膳』の紹介。
ムクミがひどい時の薬膳には『小豆粥』
小豆2に対し米1の量がよいそう。
トウモロコシのヒゲも利尿効果にはなかなか良いそうですよ。
他に黒ごま、クコの実、山芋、ニラ、クルミ、エビ、鰻…など。
詳しくはサロンで!(笑)

次回は他の五臓についての食材をご紹介しますね。

カラダは内からと外からのケアが大事です!
夏の疲れが出てきたら『筋膜剥がし』オススメです。