トップ > ブログ > 汗とお肌のお話☆

汗とお肌のお話☆

2017/07/06

カテゴリーブログ

こんにちは!
鍼灸師の平田です(*^^*)

最近とても暑い日が続いています。
また湿度も高いので、汗を大変かきやすくなっています。
こまめに水分補給して脱水症状・熱中症に気を付けましょう!

汗とお肌のお話☆_20170706_1

今日はそんな『汗』に関するお話です(*^^*)

汗は、カラダの温度を一定に保つ役目があり
必要以上に上がってしまった体温を下げる働きをします。
カラダにとって大切な汗ですが、必要以上の汗は
お肌にとって良いものではありません。
夏をスッキリキレイに過ごすためにも汗対策が必要です!

◆ポイント1◆
汗をかいて、そのままにしておくと、お肌は水分を吸収してふやけてしまいます。
柔らかくなりすぎた角質層は、少しの刺激で傷つきやすく
剥がれやすい状態になってしまいますので
汗をかいたらなるべく早く拭きとりましょう!
拭くときのポイントは、こすったり、強く抑えたりしないように
優しくそっと吸い取るようにしましょう(*^^*)

◆ポイント2◆
汗が冷えて蒸発する時に上がった体温を下げるのですが
この時、実はお肌の潤いも一緒に奪われてしまう為
水分が蒸発してしまったお肌は、内側が乾燥してカラカラの状態になっています。
水分の蒸発をストップさせるため、皮脂分泌が過剰になり
ベタつきやすいお肌になってしまいます。
また、乾燥したお肌に紫外線があたると
日焼けやしみの原因にもなりますので、夏も保湿が重要です!
しっかりとお肌に化粧水を与えてあげましょう♪

◆ポイント3◆
汗をかいてそのままにしておくと、化粧品の保湿性成分と汗がくっつきます。
すると、化粧品の油脂と汗が混じってしまい、メイクが崩れやすくなってしまいます。
こまめに優しく拭き取ってあげましょう(*^^*)

◆ポイント4◆
元気なお肌は、みずみずしさをキープする天然の皮脂膜を持っています。
ところが、汗でふやけたお肌は角質層が未熟なために、天然の皮脂膜をキチンと作れなくなり
汗のたまりやすいお肌になってしまいます。
化粧水を入れてあげたら
失われた皮脂膜を補うように、
しっかりと乳液やクリームで蓋をしてあげましょう(*^^*)

このように、この季節はお肌は様々なストレスを溜め込みやすくなっています。
快適な夏を過ごす為にも
是非サロンリーナでお肌のケアしませんか?

スタッフ一同お待ちしております(*^^*)