トップ > ブログ > クーラー病にご注意!

クーラー病にご注意!

2017/07/20

カテゴリーブログ

こんにちは!
鍼灸師の平田です(*^^*)

皆様『クーラー病』や『冷房病』という言葉をご存知ですか?
クーラーの効き過ぎた室内に長時間いることにより
自律神経が乱れ体調不良を起こすことを言います。
(正式な病名ではありません。)

本来暑い夏には汗をかき、汗が蒸発する時に
体の熱が冷やされることで体温調節をしていますが、
ずっと冷房の効いた涼しく快適な温度の中にいると、
血管は収縮し代謝も少しずつ低下します。
一旦外に出ると今度は極端な温度差で、体が温められ
血管が拡張します。
代謝も上がり汗をかきますが、私たち人間の体は5度~7度までの温度差なら自律神経がうまくバランスをとって体温調節をしてくれるのですが、これを超える温度差には体が対応しきれなくなります。

本来なら暑いはずの時期にクーラーによって体が冷やされるので、
自律神経はますますバランスを崩し、以下のような不調を引き起こします。

頭痛
腹痛や下痢
腰痛
だるさ
肩こり
神経痛
食欲不振
寝起きが悪くなる

また涼しい室内で長時間過ごすので、常に体が冷え
血行不良を起こします。

自律神経のバランスは一度崩れてしまうと
それが当たり前になってしまい、
修正するのが難しくなります。
こうなると慢性的に体が冷えた状態になるので、
常に頭痛や肩こりが続いてしまいます。

リーナにも最近身体がだるいと仰るお客様が多いです(>_<)

夏場によくやってしまいがちな夜ふかしや暴飲暴食は身体への影響も大きく
不規則な生活が自律神経を狂わせ抵抗力を下げてしまいますので
就寝時間や起床時間を一定に保ち、
温かく栄養のある食事を摂ったり
適度な運動をするなどして
血行を良くするよう心がけましょう(*^^*)

リーナでは、そんなだる~い夏の疲れを解消するのに
背中のマッサージや身体を暖めるヒートマットかオススメです(*^^*)

ヒートマットと気持ち良いマッサージで血行促進・代謝アップして
暑い夏も元気に過ごしましょう(^O^)/

スタッフ一同お待ちしております♪